高齢者マンションに入居するには、かなり高額な費用が必要となります。
大きな買い物をするわけですので、失敗がないようにしたいものですが、提供しているところによっては見学会や体験入居を受け付けています。
体験入居では各種サービスも受けられ、1週間程度そこで過ごすことができますので、じっくり試して頂くことが可能です。

さて、入居にかかる費用ですが、最初に入居保証金というものが発生しますが、こちらの場合安くても1000万円程度だそうです。入居保証金が無い場合、家賃に一律の金額で上乗せという形になりますので、月々の費用は高くなります。
月額の費用は、家賃、共益費、通信費(固定電話とセキュリティ導入ならその回線も含む)、水道光熱費、管理・維持費、スタッフ人件費などで、食事サービスを利用した場合はその料金と、介護やその他のサービス料も付加されます。駐車場完備のところなら車をお持ちの方は駐車料金もかかります。

合計金額はピンからキリまでで、最低でも基本の料金は20万円を超えるのはざらです。
入居の際にかかる入居保証金は数千万円で健康管理費が別途数百万円という所もあります。入居保証金は月々で償却されますので、契約を満たさない場合、償却されなかった分は返戻されます。