高齢者マンションに住みたい場合には、自分の目で確かめに行くことが大切。

今のシニア世代は、高齢者といわれるようになっても生き生きと暮らしを楽しむ人が増えてきているといわれています。
シニアになってから住まいを変える場合には、シニアマンションを選択することもひとつの選択法です。

シニアマンションとは、健康な高齢者であっても加齢などで家事が負担になることやひとり暮らしが不安な人のための高齢者のための施設です。
シニアマンションでは、生活支援サービスを受けられるので安心して暮らすことができます。

ほかにもシニア向け分譲マンションもあり、売却や相続が一般的なマンションと同じようにできることが、とてもメリットになっています。

どのようなサービスが充実しているかというと、食事や掃除、レクリレーション活動の充実、カラオケやフイットネス施設などの供用施設が充実しているところなど、メリットが多いです。

ただ、購入費用の高さ、月額費用が高いことなどデメリットもあります。もし、重度の介護状態になったときには、住み続けることが難しいこともデメリットとして上げられます。

また、同じ施設形態でも提供されるサービスやスタッフ、入居者の雰囲気は施設ごとにより違います。

自分で入居した場合には、実際に足を運ぶことが大切で、自分の目で確かめることがとても大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です