高齢者マンションを探すきっかけになった愛猫の死

高齢者マンションを探すきっかけになったのは愛猫の突然死でした。
室内飼いで若い猫の突然死の姿を見て、自分も迷惑をかけないようにしたい、漠然と“死”や“老い”について考えていたのが、急激に現実味を帯びて考えられるようになってきました。
目の前で突然倒れて、救急病院に搬送したけれど助からなかった姿を見て、私自身も息子夫婦に迷惑をかけたくもないし、実際目の前で倒れてトラウマに残したくないとも思い、息子に打ち明けてサービス付き高齢者向け住宅やシニア向けのマンションを探すことにしました
高齢者向けのマンションを探すのは良かったのですが、問題はやはり都市部でないと絶対数が少ないことでした。
大阪や名古屋に住んだ経験もあるのですが、やはり絶対数が少なく地方ではサービスにも少し不満が残るということで、探しているのですがまだ満足に見合った条件のものがないのが現状です。
息子が出した条件が、24時間コンシェルジュが常駐しているところで無ければ意味がないというもので、現在も頓挫しているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です