高齢者住宅の費用とは

高齢者住宅というのは基本的にマンションのようなものになります。
費用としては入居時に敷金、礼金などがかかるケースが多いです。
しかしながら、介護付有料老人ホームよりは遥かに安価であることが殆どです。
月額の費用としては、家賃と食事が出る高齢者住宅であれば食費、そして共同設備の光熱費、ということがあります。
介護のサービスは殆どの場合、高齢者住宅にはないのですが手伝う、お助けサービスといったようなものはあったりします。
外部の介護サービスなどを受け入れることに適した住宅であったりすることも多いです。
当然ですが、高齢者が住みやすいように様々なところがバリアフリーになっていますから、その点においてかなり高齢者には住みやすいものになっています。
ちなみに、有料老人ホームは厚生労働省の管轄なのですが、高齢者賃貸住宅になりますとそれはあくまで賃貸住宅ということになりますから、国土交通省が管轄しています。
住む側として特に気にすることではないですが知っておく価値はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です