シニア向けの入居費などについて

シニア向けマンションは、民間事業者が計画して運営のバリアフリーの分譲住宅なのですが、入居一時金で利用権取得するシニア向けマンション、購入により所有権取得のシニア向け分譲マンションがあるのです。
それら施設は、元気で自立生活可能な高齢者や軽度な介護が必要な要支援状態の高齢者の受け入れ、各種サービス提供するのです。

そして、高齢者が健康的でシニアが楽しく暮らすため、栄養バランスを考えた食事提供などサービスあります。
居室の間取りは1~4LDKが多くて、共用設備は施設ごとに異なりますが、みんなで食事ができる食堂や大浴場、フィットネスルームなどがあります。

入居できる年齢は施設ごとに異なっており50歳以上、55歳以上などあります。
他には、自立して生活可能で自分の身の回りができることが条件になることが多いです。
要介護の時、施設ごとの対応となっていますので、施設に問い合わせてみてください。

そして、入居の時かかる費用は1000万円台~1億円まで立地、施設によりまちまちです。
シニア向け分譲マンションは、修繕積立金が数万円程度別途かかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です