シニア向けはどれぐらいの費用が掛かるのか

一般分譲マンションに比べて、体操、行事できるようなレクレーションルームなど共用スペースがある施設が多かったりします。
各種サービス、共用部分充実してますが、その分入居するときに必要な費用が高いです。
しかし、高級なシニアの老人ホームは充実しています

売却は古くなった物件、人気がないものは通常の分譲同様に売値を落としても買い手がみつけられないケースがあります。
シニア向けマンションで、入居一時金払いなら、それは所有権でなく、居室、共用施設を生涯に割った利用可能な利用権取得のため、家賃相当費用の前払い金で入居時の年齢等によって金額が変わります。

二人で入居されると加算入居一時金が必要な施設が多いです。
そして、シニア向けマンションの費用ですが、物件購入費用必要で1億を超えるものもあり、初期費用のみでかなりの費用が掛かります。

また、介護サービスは介護保険が適用されてある程度は自己負担額が抑えられるのですが、それでも維持費は膨らんできます。
24時間体制でコンシェルジュが常駐してるケースがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です