シニア向けは住宅ローン利用可能

シニア向け分譲マンションの購入は、基本的に一般的なものと同様、費用項目が発生するのですが物件により様々なのです。
購入価格相場は数千万~1億以上と金額幅広いのですが、この差は通常マンションと同じように地価であったり部屋の広さなどによるものです。
常に新築と限らなくて、中古物件はその分安いです。
購入価格が高額のため、購入が難しいときも中古なら約1000万円程度から販売されており若干手が届きやすいのです。
そして、マンション購入額以外でかかる費用ですが、仲介手数料、登記費用など別途必要なのです。

他には月額管理費、修繕積立金5~20万ほどかかって、掃除や洗濯、その他オプションサービスを利用したら、それら利用料がかかるのです。
介護が必要なら別途介護保険サービスなど費用発生して、資金に余裕あるシニア向け物件なのです。

老後の生活資金など考えて、かえる価格帯を決めてみてください。
シニア向け分譲マンション買うなら、住宅ローン利用が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です