バリアフリー仕様のマンション

シニア向け分譲マンションは、民間企業運営のバリアフリー仕様のもので、入居基準は運営者により異なります。
サービス内容は、来客の受付、取次するフロントサービス、安否チェックの見守りサービス、急病の時救急車手配など緊急時対応サービスなど。
そして、入居時の費用は所有権もしくは分譲形式で、数百万~1億と比較的高額なのです。

そして、シニア向け分譲のメリットなどですが、メリットは各種サービス受けられる以外に一般的分譲より共有スペースがゆったりしています。
デメリットは入居時の費用が高いことです。
シニア向けで暮らすにあたり、介護などのサービスは外部業者との契約が基本です。
また、要介護度に応じて高齢者にどうしても介護が必要といったときには訪問介護を利用するか、転居を考えなくてはならないケースがあります。
そして、同じ民間経営高齢者向けバリアフリー住宅であるサ高住との違いもチェックしましょう。
これはシニア向け分譲マンションと違い、賃貸契約のため所有権がないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です