老人ホームで亡くなったら

高齢者が暮らせる施設は様々ですが、その一つがシニア向け分譲マンションなのです。
これは、介護サービス提供がある特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホームなどと異なって、文字通りシニアのための分譲マンションなのです。
そして、シニア向け分譲マンションは民間運営のシニアのためのマンションを広義に総称したものであり、同じような住居として性質が同様のサービス付き高齢者向け住宅は、見守り、生活相談サービス義務付けられてますが、シニア向け分譲マンションは明確な基準がないです。
すべてのシニア向け分譲 マンション に同じ条件は当てはまらないですが傾向は使い見ましょう。
そして、シニア向けがほかの高齢者施設と異なってるのは、居室に対しての権利ですが、契約を交わした本人以外住めません。
亡くなった後、子供などに譲渡もできないのです。
サービス付き高齢者向けの時は、賃貸契約となり毎月の家賃払った期間のみ住み続けられます。
居住する居室が入居者のものになるのではないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です